オンラインショップへ

あ印食品

安全管理について

Quality Control
安全管理について
海の幸を安心してお召しあがりいただくために、仕入れから製造、
出荷にいたるまでの全ての過程を厳しくチェックし、
徹底した品質管理を行っております。その取り組みについてご紹介いたします。

冷凍食品衛生管理の徹底

お客様に満足していただける安心・安全な製品作りを目指して、あ印では国際的な食品衛生基準であるHACCPのシステムを導入しています。HACCPとは、製造・加工の全工程で危害が起こりうる工程とその危害の程度を把握し、食中毒等の危険を未然に防ぐ衛生管理方式です。あ印では何十にも及ぶ工程を調査し、加熱時や金属検出などの重要管理点を設定。厳しい管理体制をつづけ、定期的に外部からの検査も受けることで、日々安全な製品作りに取り組んでいます。
品質管理

工場での取り組み

2014年にはHACCP対応総菜工場を新設。自動洗浄機械を導入し、器具を機械洗浄することで人手では起こりうる洗い残しを無くすなど、さらに安全性の高い製品作りを実現しています。また、生産品の菌数検査や備品管理、使用原料の記録などを毎日行う品質管理グループを設置することで、トレーサビリティを確保し、異常にも即座に対応できる危機管理体制をとっています。

企業情報

About Us